鶴見川サイクリングロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴見川下流域 スタート 0km~

下流域のサイクリングロードは舗装の良いエリア、未舗装で貝殻の混じったような砂にしてあるエリアなどがあります。橋のたびに道路を渡らなくてはならないところがあるのでゆっくりペースのサイクリングやランニング、ウォーキングに向いています。国道15号線の「鶴見橋」より上流側は舗装も整い川沿いを離れることなくマイペースで走れるエリアとなります。

  • 鶴見川河口  鶴見川サイクリングロードの0km地点です。ビーワンダイバーズから1.5km、0kmの表示は河口に向かって左側のにあります。
  • 貝殻浜 鶴見川サイクリングロードの0km地点です。ビーワンダイバーズから1.5km、横浜方面を走ってきた帰りなどにちょっと寄ったりします。
  • 森永橋 この近くには鶴見川漕艇場があってボート、カヌーの練習風景をよく見かけます。一般利用も可能な施設だそうです。
  • 河口からの距離表示 グリーンの柱が所々に立っていて河口からの距離がわかります。


鶴見川中流域 よく行くエリア

サイクリングロードが橋の下をくぐれるような作りになっている場所が多く順調に走れます。途中の川沿いがグラウンドや遊び場になっている場所もあり歩行者に注意が必要ですが、土手と川に挟まれた見通しの良いエリアではペースを上げて楽しむこともできます。綱島、新横浜近くを通ります。

  • 末吉橋 写真のように一度バイクを降りる必要がある場所があります。ビーワンダイバーズから5km、この橋から上流に向かうと新横浜近辺までは橋の下をくぐれるようになっています。
  • 鷹野大橋 ここから新横浜近辺までは少しペースを上げられるエリアです。
  • 大綱橋 綱島駅そばの橋です。ビーワンダイバーズから8km。
  • 日産スタジアム ビーワンダイバーズから15km。競技場を左手に見ながら進みます。写真の赤い橋のようなところを通ってきています。小机大橋を渡って次の信号を左に入るとまた鶴見川沿いに入ることができます。


鶴見川中流域 

堤川沿いに戻ると新横浜までに比べて道幅は狭くなります。川沿いで鶴川まではスムーズに行けそうです。その後は工事区間を避け、通りにくくなったら57号線に出て淵野辺方面に向かえば迷わずに済みます。駅の近くを通るときは歩行者も増えるので気を付けましょう。

  • 鴨居 中山 谷本川 
  • 谷本川 市ヶ尾
  • 鶴川 57号線

鶴見川上流域

57号線を図師大橋で右折155号線に入ります。川沿いは走れませんが155号線を走っていると左手に鶴見川が見え隠れしています。勾配はそれほどでもなく走りやすい道を行くと鶴見川源泉までもうすぐです。

  • 図師大橋 57号線の図師大橋、ここから上流に向かって右側沿いを走っていきます。
  • 坂下あたり この辺りは縁あって30年前を知っている場所です。鶴見川沿いに入ってみると以前の雰囲気が残っているところがありました。
  • 右の細い道 突き当りっぽくなってバスターミナルがありますが、この細い道を入っていきます。抜け道になっているようで以外に交通量が多いです。
  • 鶴見川源泉 ビーワンダイバーズから43km。自転車でここを目指す人は多いらしくこの日は冬場の平日だったにもかかわらずサイクリングを楽しむ人たちが多くみられました。


川の源泉から河口までを走破すると何とも言えない達成感があります。鶴見川は往復すると90kmくらいになりますが慣れた方なら1日で走る良い距離だと思います。さほど勾配も感じない走りやすい道のりなので季節ごとの景色を楽しんだり、寄り道をしたり休憩を入れながらのんびり気分でトライしてみてはいかがでしょうか。